title
作成中

超小型衛星搭載機器認証  

TOP  認証機関の役割  試 験機関  申請方法   認証例  掲載 書類  その他

 問合せ先:有限会社 ケイアイピー 菊池 秀明
        〒663-8186 兵庫県西宮市上鳴尾町7番2号                           
           TEL:0798-47-6712  FAX:0798-40-1074  e-mail: info@astrex.jp
                                        
ここには、超小型衛星搭載機器認証に関する下記項目を掲載している。

1.ISO19683の理念と認証の目的

 ・ISO19683の理念

  この標準規格は、低価格・短納期を維持するために、従来の衛星とは異なる、リスク許容の
 開発・管理手法を用いる超小型衛星本体やその搭載機器について、その設計及びフライト品が、
 宇宙環境に対する最低限の耐性をもっていることを確認する為の試験要求を示したものである。
 宇宙用ではない民生用部品・技術を多用して設計・製造された超小型衛星本体及び搭載機器が、
 短納期・低価格という利点を維持したまま、初期故障を起こさない信頼性を達成できることを
 主眼においた試験標準である。

  詳細はISO19683本文(英文)参照 ISO19683 URL を参照のこと。

 ・認証の目的

  近年、超小型衛星の打ち上げ数が飛躍的に伸びているいる中で、民生用部品を多用した
 宇宙用機器が数多く販売されるに至っている。
  しかしながら、それらの機器が果してどの程度宇宙環境に対する耐性を有しているのかを、
 計り知る基準や方法が明確化されておらず、機器の購入側での独自の試験や判断が求めら
 れている。

  また、これから宇宙産業に参入しようとしている企業やベンチャーにとっても、果たしてどの
 程度 の試験を満たせば良いのかの判断が難しいことから参入に苦戦している実情がある。
  本認証は、民生用部品を多用した超小型衛星用機器が宇宙環境に対する最低限の耐性を
 有していることを認証し、機器を販売する側および購入する側の双方の便宜を図ることを目的
 とする。この認証は製品の供試体について、ISO-19683に定められた環境条件にて動作試験
 を行い、供試体がその提供者が定める動作判定基準に合格したことを認証者が認定するもの
 であって、実際の宇宙環境下で、その動作を保証するものではない。供試体の提供者が、
 宇宙用機器の製造能力や品質管理能力などをもつことについて認証するものではない。。

  (製造能力や品質管理能力などについての認証は必要に応じてISOで他に定める規格を
   参照のこと)